保護者と感覚が違うなあ、と思った話。

 本校……じゃなかった、私が昨年度まで勤務していた学校では、始業式に、各学年の代表者が、新しい学年でのめあてを作文で発表することになっています。
 
 なんだかんだあって作文が一応できあがって代表児童が決まった後、練習用の原稿を家に持たせて、保護者に連絡。
 
「……というわけで、お子さんが学年代表になりました。
 原稿は持ち帰っていると思いますので、おうちで練習させてあげてください。
 教室で練習した時はとても上手に読めましたけれど、春休み中に忘れてしまうといけないですし」
 
 すると保護者の方が、
 
「それで、持ち帰った原稿はどうしたらいいですか?」
「え? それは差し上げますのでどうぞ家で持っていてください。
 当日は、台紙……と言っても色画用紙ですけど、それに貼って装丁したものを読みます。
 それも……たぶん記念に持ち帰ることになるんじゃないですかね。その時の担任の考え次第ですけれど」
「まあ! あんなきれいにしたのをもらっちゃっていいんですか?」
「えっ?」
 
 ……えー、その「原稿」というのはですね。私がパソコンで打ったやつなんです。
 
 いえ、もちろん、元々の作文は子ども本人が書いたんですけど……(その「元の作文」も持ち帰ってるんですけど)。
 
 ただ、
 
「ぼくが2年生できるようになったことは、プールで25メートルおよげました」

「ぼくが2年生でできるようになったことは、プールで25メートルおよげるようになったことです」
 
 のように、担任が若干手直ししてしまっていたり。
 
 いやその、国語教育上、そういうのはもちろん本来は子ども自身が書き直すべきものなんですけれど……(もにょもにょ)
 
 しかし、年度末で時間がなかったことでもありますし。
 それに、紙媒体だと年度末の人事異動や教室移動に紛れて紛失しないとも限りませんので、データにしておいた方が安心ということもあり……。
 加えて、正直なところ、子ども自身も、自分で書いた字よりパソコンで印刷した方がスムーズに読めるという……。
 
 ………………と、いうように、担任としては、
 
「子どもが自分で書いた作文→尊い
「大人がパソコンで打ち直した作文→手抜き」
 
 という認識が「常識」として染みついていたのですが。
 
 ところが件の保護者の視点では
 
「子どもの作文を担任がパソコンで打ち直した原稿」→「きれいにしてもらった」
 
 という認識だったようで……。
 
 こう……絵を額装してもらったとか、手書き原稿をオフセット印刷に製本してもらったとか、そういう感覚なんでしょうか。
 確かに、「子どもが書いた作文」と「子どもが作った作文に担任が一手間かけた原稿」と考えると、そっちの方が手間がかかってるように見えるのかな、などと思い直しました。
 しかし正直……子ども自身に清書させると、担任がパソコンで打つより10倍くらい時間がかかるので……。
 
 ……今まで、社会科見学とかでお世話になった時には、子どもがつたない字で書いた「お礼の手紙」を送ってきましたけど、あれってちゃんと気持ちが伝わってるんだろうか、とちょっと思いました。

異動のお知らせ。

 まあ、何しろ今の学校に8年もいましたので、異動自体は驚きではないです。
 
 ただ、今いるA小学校は、市内で一番の小規模校。
 で、今回発表になった異動先は、市内で一番大きいG小学校。
 
「ひえっ……」
 
 小規模校も大規模校も同じ小学校ではありますが、仕事の進め方も違えば子どもたちの様子も色々と違います。
 当市の場合、おおむね小規模校の方がのどかな雰囲気。
 
 市内で一番のどかな学校から、一番……ええと……現代的課題を抱えた学校に異動になるわけです。
 
 内示が発表になると、今までお世話になったY先生が
「びっくりだね! G小学校! てっきりB小学校とかかと思ってたよ!」(B小は市内2番目の小規模校)
「私も内々示を聞いた時はそう思ってましたよ……」
 
 帰宅して卒論ちゃん(最愛の妻)に伝えると、
 
「ええーっ!? G小学校だけはないと思ってたのに……。B小学校かと思ってた。今の教育長は配慮が足りないんだよ!」
「いやまあ……他の先生とか学校の構成とかとの兼ね合いもあるんでしょうし、私にばかり配慮してもいられないのでは……」
 
 まあその、私は以前、隣市の僻地校から、当市のF小学校(2番目の大規模校)に異動になり、その年度中に鬱を患って休職してしまった過去があって。
 それもかれこれ10年前のことではありますが。
 しかし、その10年のうち8年間はA小学校にいたわけでもあります。
 
「10年も経ったんだからもう大丈夫だろう」
 という話なのかも知れませんが、それでいきなり児童数が4倍の学校に行くとか、経歴をさておいてもちょっと心配です。
 
「死ぬ前にお仕事休むんだよ? 万一そういうことになっても私は全然気にしないから。休職期間中も共済組合からある程度お金はもらえるし。ダーリンが毎日家にいてご飯作ってくれたらそれはそれで安心だから」
 
 すでに私がメンタルを病む前提で話している卒論ちゃん。
 ちなみに奧さんは学校教育課にいた経験もあるし、今は市立美術館勤務で校外学習の受け入れもしているので、各学校の子どもたちの様子とかある程度知っているのです。
 
「まあ、異動先の校長も、履歴書は読むだろうし、いきなりハードな学級を持たされたりしないとは思うんだけど」
「むしろ、担任なしで個別支援専門とかでもいいかも知れない」
「それはさすがにないんじゃないかな……」
 
 というわけで、例年以上に不安な年度末となりましたが、まあその、なんとか無事に乗り切りたいものだと思っています。
 

アイドルマスター(デレステ)の政治的正しさについて。(あと、ガールズインフロンティアすごくいい)

 しばらく前からスマホゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」をやっています。 
 
 長い。以下「デレステ」とします。
 
 アイドル育成ゲーム「アイドルマスター」シリーズの一作で、ゲームの基本的な内容はリズムゲーム音ゲー)です。
 
 ……しかし、はてなにいると、
「これって要するにギャルゲーでしょ? 未成年女性の性的消費では? ジェンダー的価値観の強化にあたらない? フェミニズムの観点からどうなの?」
 
 ……といったことを自問してしまいます。
 フェミニズムを系統的に勉強したことはないけれど、影響されてはいる私……。
 
 それでも本作が好きなので、その良いところ、それでも問題だと思うところを挙げてみようと思います。
 
*なお、私は「デレステ」以外の作品はアイマスシリーズも他のスマホゲームもほとんど知らないし、本作についてもよく知らないキャラクターとか大勢いるので、トンチンカンなことを書いていたらどうぞ教えてください。

f:id:filinion:20190310181233p:plain:w350
まだこのくらいのレベル。
*記事中の画像は、断りがない限り全て「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」のものです。
 

良いところ。

 

  • キャラクターがかわいい。

 ……どのキャラクターもかわいい。好感が持てる。
「そのようにデザインされてるんだから当然では?」
 という話なんですけども……。
(そして、それはかえってフェミニズムの人を激昂させそうでもあるのですけど)
 
 でもまあ、本作の魅力としてはそれを第一に挙げざるを得ない。
 
 ちなみにウチの奥さんに一番似てるのは前川みくさんだと思います。ウチの奥さんも語尾がにゃーにゃー言うし(誰も聞いてない)。
 

 個々のキャラクターに、「コミュ」と呼ばれるある程度のストーリーが用意されています。
 
 本作の登場人物は、いずれも大変個性的です。
 元警察官であるとか、腐女子であるとか、女子高生で起業家であるとか、ネグレクトの疑いのある幼児であるとか、ドバイからの経済難民であるとか。
 
 そんな彼女らが一様にアイドルを目指し、ファンを獲得していくわけですが……。
 その過程で、彼女ら一人一人の個性が活かされ、個人的な願いもきちんと成就する、という物語になっています。
 
「『かわいいアイドル』になるために、これまでやってきた空手の道を捨てる必要はない。それはむしろ魅力として活きるのだ」……という、空手家・中野有香の物語とか。
 
 神崎蘭子中二病)と、白坂小梅(ホラー映画大好き)が意気投合するストーリーコミュとか非常に印象的でした。

f:id:filinion:20190310110134p:plain:w550
一人で物語の世界に浸っている子どもだった蘭子さん。
f:id:filinion:20190310111511p:plain:w550
すごくよくわかる小梅さん。
非コミュにシンパシーを抱く筆者)
 
*画像はクリックすると拡大されるみたいです。
 
 歌い手に合わせて歌が作られたりする世界なので、歌い手について知らないと、歌詞が部分的に意味不明だったりする例も。*1
 
 あまりにも個性が強くて、「普通」の社会ではやっていけそうもない子たちが、ありのままでちゃんとアイドルとして活躍していく姿を見ていると、
346プロダクションって、発達障害者の支援機関としても優秀なのでは?」
 
 ……なんて言うと、発達障害はこんな甘いものじゃない!」とか叱られるかも知れませんが。
 
 でも、諸星きらりのご両親とか、我が子のデビュー……というか就職が決まった時、すごく喜んだろうし、安心したと思うのですよ……。
(いや、決してそんなキャラクターばかりではありませんけれども。「前職は会社員」「元アナウンサー」とかいう人たちもいるし)
 
 前川みくについても、当初
ネコミミで語尾がにゃーにゃー言うアイドルとか、媚び媚びじゃねえか……」
 と思ったのですが。
 しかし、ストーリーを追っていくと、その「猫アイドル」こそが本人の考えるアイドルの理想型であり、それを貫くために前の事務所を飛び出してきたこと、事務所内でもとりわけファン思いでプロ意識の高いアイドルであることが明らかになってくるというですね……。
 
 ……とはいえ、現実の芸能界が、このような、個人の個性が活かされる幸福な場所なのかどうかについては、わりと強い疑いを抱いてはいます。
 
 というか、現実の労働全体が、そんな幸福なものではないかも知れない。
 しかし、だからこそ……
デレマスというアニメを見て驚いた

アイマス世界では、学生アイドルはちゃんと学校に行き、薬物も枕営業もストーカー被害もない。現実の芸能活動…ひいては労働全般が、アイマスのように心身ともに健康的で自己実現に繋がるものならいいのに、と常々。

2016/06/19 08:41

 
 ちょっと話が逸れますが、イベント曲「Spring Screaming」のMVについて。
 この曲、夜の学校の校庭で3人が踊る……のですけど、よく見ると、完全な深夜ではなく、まだ少し空が明るいのがわかります。
f:id:filinion:20190310191131p:plain:w350
一番左が龍崎薫
 これたぶん、労働基準法の関係ではないかと思っています。
 この曲を歌う「龍崎薫」は設定上まだ9歳なので、撮影が20時を超えないようにしている、という表現なのではないかと。
 
 ……まあ、昨今では、現実の子役の労働基準の方がユルユルになっているという話ではありますが。働き方改革
労基法は子役を守ってくれない? 児童労働の規制緩和が進行中(今野晴貴) - 個人 - Yahoo!ニュース
 
 あと、細かいけど本作のいいところとして、過去何度かUIの改善があって、その都度確実に使いやすくなっているのはすごいと思います。
 
 ゲームとはいえ、インターフェイスが変わるたびに炎上するどこかのソーシャルブックマークサービスとかどこかの動画サイトとはわけが違う……。
 

良くないところ。

 
 ……まあ、絶賛してきたわけですけど、それでも「これはなあ……」と思うところはあります。
 

  • 女性が受動的である。

シンデレラガールズ」というタイトルの通り、モチーフがシンデレラなのですね。
「普通の女の子が、魔法使いに魔法をかけてもらうことによって変身する」
 という。
「魔法使い」に相当するのが、プレイヤー担当する「プロデューサー」であるわけです。
 どうなんすかねそれ。
 

  • ダサピンク。

 ダサピンクとは、「ピンク色はダサい」という意味ではありません。
「こういうピンク色にしときゃ『カワイー!』とか喜ぶんだろ?」
 というおっさんセンスが生んだデザインがダサい、という話です。
 
 まず特訓アイテムがダサい。

f:id:filinion:20190310112729p:plain:w550
幼児向けのおもちゃっぽい。
 アイドルの特訓に実際にイヤリングやらガラスの靴やらを何個も消費するはずはないので、あれは何か仮想的な概念のアイコンなんでしょうけど。
 具体物でないならむしろもう少し何とかならなかったのか。
 
 それから、肝心のアイドルも、ノーマルやレアのアイドルは、特訓後の衣装がしばしばダサい。
 具体的な名前を挙げると角が立ちそうなので避けますが、
「クリスマスツリーとか雪だるまとか、仮装大会じゃねえんだぞ!」
「柄も色使いもひでえセンスだな……」
「とりあえずヒラヒラフリフリでリボンがついてりゃいいと思ってない……?」
 とかいうのが多い。
 
こち亀」(なつかしの駄菓子屋講座)に出てきた「リコちゃん(リカちゃんのパチモノ)」を連想させる衣装がしばしばある。決して全員ではないけど。
f:id:filinion:20190310113116p:plain:w550
ひどいデザインのニセ物と、美麗な「本物」をちゃんと描き分けるプロ漫画家すごい。
*2

 
 とはいえ、同じキャラクターでも、Sレア、SSレアになると衣装デザインは「本物のリカちゃん」並に大幅に洗練されます(しばしば顔のデッサンも大幅に改善される)。
 
 ……あと、未プレイの方に誤解を与えてはいけないので書いておくと、ゲームの仕様上、ノーマルやレアのアイドルの衣装がどんなにダサくても、それでステージに立ったりすることはないので、ダサい衣装を見るのはほんの一時的なものです。まあ割と気分の問題です。
 
 

  • 恋愛主義。

 リアルアイドルの歌をあんまり聴かないので、現実もそうなのかわからないんですが、本作の楽曲は恋の歌がやたら多い。
 次に多いのは、「自分がアイドルであることの喜びと決意」を歌う系。これは明らかにゲーム特有だと思うのですけど。
 
 どちらでもない、と確実に言えるのは、市原仁奈の「みんなのきもち」とか数えるほどではないかと。
 

  • 反恋愛主義。

 かように楽曲では「恋」を前面に押し出しているのですが、ストーリー中では、アイドルの恋愛は注意深く排除されています。
 
 いや……どこぞの事務所のように「恋愛禁止」「彼氏を作ったら丸坊主で謝罪動画」という世界ではなく、ただ単に「恋をしているアイドルがいない」
 
 中にはご丁寧にも
「恋を知らない自分に恋の歌を歌えるのだろうか?」
 と悩む話があったり。

f:id:filinion:20190310113640p:plain:w550
空手少女、中野有香
 そして、相談に乗る周囲のアイドル達が、そろいもそろって「私も知らないけど……」というスタンス。
 
 いや、別にね?
「今どきの若い子なら、彼氏の一人や二人いるでしょグヘヘ」
 とかそういうことが言いたいんじゃないんですよ?
 
 でも、3ケタ人の若い女性がいて、みんな顔もスタイルも性格もいいのに、誰一人(禁止されてるわけでもないのに)そういう話がないって、軽くホラーだと思うのですが。
 
 いやまあ……理由はよーくわかるのですけどね……。
f:id:filinion:20190310113754p:plain:w550
結局、「恋はわからないけど、歌を届けたいファンや、仲間や、プロデューサーの事を考えて歌えばいいんだ」という結論に達する中野有香
 

  • 舞い飛ぶハートマーク。

 ゲームシステム寄りの話になりますが、本作では、キャラクターをユニットに加えて「ライブ(リズムゲーム部分)」に参加させると、「親愛度」というポイントが貯まります。
 これが増えると色々強くなる(雑な説明)。
 
 で、これが一定値に達するごとに「親愛度演出」という、簡単なストーリーイベントみたいなものが発生します。
 基本的には、そのアイドルが
「プロデューサー、いつもありがとうございます! 私らしく活躍できるのはプロデューサーのお陰です! これからもよろしくお願いします!」
 みたいなことを言うという。
 

f:id:filinion:20190310113918p:plain:w550
主力ヒロイン(たぶん)島村卯月さん。
 内容には個人差があって、恋愛感情……とまでは言えない例が多いけど、基本的にはプロデューサーへの信頼や個人的好意が表明されるイベントです。
 
 ……しかし正直、こっちはそこまでその子のことを知らないでやっていたりします。(システム上、コミュが見られるようになるより親愛度が貯まる方が早いことが多い)
 特に、数合わせでユニットに入れただけの子(とにかく5人集めないとライブができない)からそこまで言われると、こっちがいたたまれない気持ちになったり。
 
 それでも、何十人と親愛度演出を見ていると段々慣れてくるのですが、逆に「慣れていいのか?」と思う時もあったり。
 
 ……これ……「親愛度」である必要ありましたかね?
 ライブに出演すると増えるポイントなんだから、「ステージ経験」とかで良かったのでは……。
 それで、アイドルが「自信が付きました! これからもがんばります!」と言うだけで良かったのに……。
 こんなにハートマークが乱れ飛ぶピンクの画面にしなくても……。
 

  • 人物描写が薄い。

「個性的」であることの裏返しでもあるのですが……。
 本作のキャラクターって、何か一つ強烈な「個性」を持たされて、それ以外の人間性が希薄になっている例が少なくないような気がします。
 
 実際に存在する例を挙げると角が立つのでやめておきますが、例えば「納豆が好き」というアイドルがいたとします。
 
 すると、その子は寝ても覚めても納豆の話をしている。
 MCでも納豆の話をするし、前述の親愛度演出でも、自分とプロデューサーの関係を大豆と納豆菌に例える。
 
 現実には、たとえ納豆大好きで納豆メーカーに就職したような人だって、納豆以外の趣味があり、家族があり、納豆と関係ない悩みがあるはずだと思うのですが。
 
 しかし本作では、「納豆好き」という単機能しか与えられておらず、それ以外の、人間としての内面があたかも存在しないかのように描かれるキャラクターがいる。
 
「それしかないのか」という話は、作中、ロード画面の1コマ劇場でも時々ネタにされているくらいです。
 
 いや、決して全員がそうだというのではなく、イベント等で内面が掘り下げられる例もまた多いのですけれども。
 

  • セクハラっぽさ。

 まあ……露出度高い衣装がしばしばあるのは……まあ……多少はやむを得ない? の? かな?
 アイドル衣装が普段着とデザインが違うのは当然ですよね? たぶん。
 
 でも、未成年の堀裕子とか及川雫を、ユニット「セクシーギルティ」に入れてセクシー担当扱いするのはどうなのかと……。
 
 あと、及川雫の特訓後衣装、あれさすがに酷すぎませんかね……。

f:id:filinion:20190310114329p:plain:w550
実家が酪農家。
f:id:filinion:20190310114453p:plain:w550
初仕事の衣装がこれ。
 いや、「酪農家の娘で、牛が大好き」って設定があるのはわかりますよ?
 プロデューサーは「これで大丈夫?」って心配するんだけど、本人は全然気にしてない、って描写もある。
 
 でも、「本人が好きでやってる設定だからセクハラじゃない」ってのをあまり押し通すと、作品全体の説得力が落ちる気がするんですよ……。
 あんまり言うとセクシーギルティに「世直し」されてしまうかも知れませんが……。
f:id:filinion:20190310121604p:plain:w550
あっ、これオレかも。
f:id:filinion:20190310114831p:plain:w550
キキー、開き直った!?
 

  • かわいい至上主義。

「そのアイドルの個性が活かされる、自己実現の物語であるのが良い点だ」
 ……と書きましたが、実は例外があります。
 
 本作では、
「かわいい系じゃなくて、カッコいい系を目指したい」
 というアイドルが何人かいます。
 
「ロックなアイドル目指してます!」だったり
「サッカー選手のほうが興味あるんだけど……カッコよくプロデュースとかもできるのか?」だったり、
「地元じゃ特攻隊長なんて呼ばれてたがな。アイドルなんて興味ねえっつーの!」だったり。
 
 で、そういう子に無理矢理ヒラヒラした衣装を着せる展開がわりとよくある。
 カワイイハラスメント(カワハラ)とでもいうか。
 
 まあ、上に挙げた3人の場合、いずれも、カワイイ衣装とは別に、カッコいい系の衣装も用意されてたりはするのですけど……。
 
 でも、カワハラを受けてるうちに、
「これもアイドルっぽくて、アリですね……」
「カッコかわいいって言われたんだ。アイドルだから、それでいいのかもな。オレもオールラウンドになってきたっていうか、弱点がなくなってきたっていうか…」
「ああいうピンクだのフリフリしたヤツだのも、ファンは喜んでんだよな」
 とか、程度の差はあれデレが入るのもある種のお約束になっている。
 
 嫌よ嫌よも……ってそれアカンやつなのでは。
 
 一方で、逆の展開、「かわいい系を目指したい子に無理矢理カッコいい系を着せる」……という展開は、私が見た範囲ではないのです。
(もっとも、765プロ菊地真がさんざんそういう目にあっている気もする)
 
 一方の前川さん。 

f:id:filinion:20190310115006p:plain:w550
ナチュラルボーン。
「女の子なら可愛いに憧れるものであり、その頂点がアイドル」
 という価値観を信じて疑わない人。
 これ……親戚に女の子が生まれたら何の迷いもなくピンクでフリフリしたベビー服を送ってくるタイプだ……。
 

それでも好きなところ。

 
 ……と、読み返すとなんか問題点ばかり挙げてる問題。毎日プレイしてるゲームなのに。
 
 実際のところ、キャラクターとストーリーの魅力に引っ張られてプレイしつつ、内心で色々もやもやしていたのです。
 
 しかし、それだけに衝撃だったのが、「デレステ」3周年記念イベントのために制作された曲「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」でした。

[デレステ MV 3Dリッチ] ガールズ・イン・ザ・フロンティア
 
 なにしろ、本作は前述の通り「シンデレラ」をモチーフにしています。
 なのに歌詞が
 
「お気に入りだったフェアリーテイル なぞるように生きてきたけれど 幸せのそのイメージは 今ではもうホコリかぶりで」
バックパックに希望詰めて 自分の足で歩け! シンデレラ」
「夢は他人に託すな かけがえない権利」
 
 え? 何? エマ・ワトソン監修か何かなのこの歌?
 
 イベント内容としても、
「今まで自分たちは、色々なことに挑戦してきたつもりだけど、それはプロデューサーが用意したハードルを跳んできただけではなかったろうか?」
「これからは、進むべき道を自分で切り拓いていかなければ」
 という話で、これまでのイベントとかをそういう風に総括するの? え? いいの? そこまで言って大丈夫? という感じ。
 
 曲の冒頭~前半部分で、過去のイベント曲の映像やステージを出しておいて
「守るべきは過去じゃない」
 って歌詞もすごいなーと。
 
 ……まあ、そうは言っても、この歌、このイベントの後、ゲーム自体が劇的に変わったわけではありません。
 アイドルが自主的にレッスンに取り組んだりはしないし、プロデューサー……プレイヤーに不満を抱いて事務所を出て行ったりすることもない。
 親愛度演出では相変わらずハートマークが乱れ飛んでいる。
 
 しかし、今後の楽曲とか、イベントとかで、少しずつ変化が出てくるのではないかな……と、期待しています。
 

f:id:filinion:20190310180858p:plain:w550
でも曲はもらうもの。
 あれだけ「夢はプロデューサーさんからもらうものじゃない」とか言っておいて、やっぱり曲はもらうのかよー。
 765プロは、ひきこもりの千早のために自分たちで作詞したんだぞー。
 

こまごまと問題だと思うところ。

 
 まあ余談です。
 重箱の隅的な話。オチはありません。
 
・20代後半アイドルが年齢でいじられがち

f:id:filinion:20190310171704p:plain:w300
川島さんは28歳、菜々ちゃんは「永遠の17歳」。
f:id:filinion:20190310171846p:plain:w300
オバマが大統領になったのが2009年……?
f:id:filinion:20190310172247p:plain:w300
やめてさしあげろ。
f:id:filinion:20190310172316p:plain:w550
ライフステージ。
 でも川島瑞樹さん、ゲーム内に登場した時点ですでに28歳だし、しかもサザエさん時空だから引退して女優にもならないじゃないですか……。
 
 
・「お料理、得意なんです!」はいいけれど。
 いや、「趣味は家事」ってのが悪いとは思わないんですよ、全然。
 しかしですよ?
 
f:id:filinion:20190310172817p:plain:w550
お嫁さんにしたい有名人アワード……。昭和か。
「結婚したい」じゃないですからね。「お嫁さんにしたい」ですからね。
 
f:id:filinion:20190310172946p:plain:w550
受賞おめでとうパーティー
 しかも周りのアイドルも喜んで祝賀会とか開いてるし。君たち……。
 
 
はてなだと炎上しそうなやつ。
f:id:filinion:20190310173100p:plain:w550
食べて応援! ウナギ絶滅キャンペーン!
 ちなみに「結局ウナギは買えなかった」ってオチがつくので、これがウナギである必然性は全然ないのでした。
 
 
アメリカだと炎上しそうなやつ。
f:id:filinion:20190310173311p:plain:w300
ホワイトウォッシュ。
 
 
ちびくろサンボ(父:ジャンボ、母:マンボ)
 
 本作のアイドルは、基本的には姓名が決まってるんですけど、姓がない外国人キャラがいるのちょっと気になるんですよね。
 上のケイトとか、ナターリアとか、ライラとか。
(「宮本フレデリカ」「メアリー・コクラン」「楊菲菲」みたいな人たちもいるので全員ではない)
 
 まあ、
「ライラさんの名前は、ライラ・ビント・アフメド・イブン・アブドゥッラフマーンですよー」
 とか言われても、カタカナ表記だと名前欄に入りきらないですけど……。
 
 それにしても、表記はともかく設定上も姓が決まってなさそうなのがちょっとかわいそうだし、二次創作とかで困るんじゃないかな……?
 
 あと、年齢に比べてアホの子が多いのも女性差別かしら、と思ったのですが、「SideM」(男性アイドルを育成する、女性プレイヤーを意識したゲーム)に出てくる男性アイドルもわりとアホの子が多いっぽいので、これはまあある種の宿命なのかも知れませんね……。
 

余談の余談。

 
私と、最愛の妻である卒論ちゃんの会話。
 
私「……というわけで、デレステというゲームをやってるんですけど」
卒「ほうほう」
私「しかしアイドルマスターシリーズには、『SideM』って、女性向けの作品もあるんですよ。男性アイドルを育てるという」
卒「そんなのあるの!」
私「基本システムはまあだいたい一緒らしいんだけど、違うのは、ほとんどの男性アイドルには『前職』があるってことなんだ」
卒「ほほう!」
私「医者だったり警察官だったり……まあ、デレステにもそういうキャラクターはいるんだけど、SideMの方は『元なんとか』っていうのを前面に押し出してるんだよね」
卒「それはさー、その方が安心だからじゃないの?」
私「安心」
卒「だって、いきなり直接アイドル目指す人とかちょっとやばそうじゃない」
私「うっ」
卒「その点、前職があってアイドルになりました、って話だと、『ああ、何か事情があったんだね』って感じになるじゃない」
私「……確かに、『わけあって、アイドル!』というのが、SideMのキャッチコピーであるらしく……」
卒「でしょー?」
私「それでなんか、実は過去に暗いいきさつを抱えている……みたいな人が多いという噂」
卒「女子はそういうの大好物だからねー。男の人はさー、女の子の過去とか興味なくて、今が明るくてかわいければそれでいいんだろうけどさー」
私「うっ」
卒「といっても、暗い過去を引きずってる男子とかめんどくさいから、『辛い思い出があるんだけど今はそれを乗り越えてやっていて、ふとしたきっかけでそれを話してくれる』みたいなのが女子的には萌えなんだけどさー」
私「それはそれで、他人の人生のオイシイとこどりのようにも思える……」
 

*1:Kawaii make MY day!」の「とりあえずドーナツ?」とか。まあ、キャラクターソングである、と言った方が簡単かも知れないけど。

*2:上の画像は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」61巻「なつかしの駄菓子屋講座」より。ていうかeBookJapanのサイトで一話全部試し読みできます。 こちら葛飾区亀有公園前派出所 61巻 | 秋本治 | 無料まんが・試し読みが豊富!eBookJapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならeBookJapan

男女七歳にして。

 最近、両親のアルバムから自分の子どもの頃の写真を見つけてちょっとびっくりしたこと。
 
 自分が小学生だったころの集合写真を見ると、男子と女子が分かれて並んでいるのです。
 
 入学式に始まり、各学年の遠足、修学旅行など、全部。
「向かって右側が女子、左側が男子」とか、「前列で座ってるのが女子、後列で立ってるのが男子」とか。
 
 今、「遠足 集合写真」とかでググると、集合写真を載せてるサイトがたくさん出てきますが(それはそれで心配なんだけど)、そこまで男女をくっきり分けて整列させてるのはほとんどないように思えます。
 
 そういえば、今は名簿も男女混合だけど、当時は違った気がします。
 全然意識したことはなかったけど、時代は変わっていたんだな、と……。
 

ブルゾンちえみの「キャリアウーマン」が、フェミニズムの観点からどうなのか知りたい。

 今さら説明するまでもないと思いますが、「35億」で有名な、お笑いタレント、ブルゾンちえみ氏のコントの話。

 これを初めて見た時、
「これは……笑っていいのか? 政治的に正しいのか?」
 と脳がフリーズしてしまったのを覚えています。
 
 思いつく限り、主な論点は以下のようになるでしょうか。
 

差別にはあたらないと思われる根拠

 
・劇中の「キャリアウーマン」は、明らかに鼻持ちならない人物である。社会的弱者とも言えない。そういう「意識高い系の強者」の滑稽さを笑いものにするのは差別にはあたらない。
・このネタを考えたのは、ブルゾンちえみ氏自身で、氏は女性である。内容としても女性一般をネタにしたものではない。だから、女性差別とは言えない。
・劇中の「キャリアウーマン」は、一人の男性にこだわるべきでないと言っている。これは「女性は一人の男性に尽くすべき」という封建的、父権主義的な価値観に対抗する、女性に自由をもたらす主張である。
 

差別ではないかと思われる根拠

 
・本作は、「効率的な仕事ぶり、充実した生活」を送る女性……「キャリアウーマン」をカリカチュア化している。それは差別にあたるのではないか。
・あたかも、キャリアウーマンは意識高い系で「男はガムと同じ」と言い放つような人物だ……というかのような表現は、誤ったステロタイプではないか。
・仮に、本作の「キャリアウーマン」の恋愛観が、女性の望ましい姿であるとするなら、それをネタとして笑うことはやはり差別的ではないか。
・本作は、多数の男性を含む審査員・視聴者受けを狙って制作されたものである。だから、作者であるブルゾンちえみ氏が女性であることは、内容が差別的でないことの根拠にならない。
 
 個人的には「差別なのでは」に傾いているのですが、好意的な意見もあるのですよね。

キャリアウーマンになれば、交際相手に記号的価値や経済的な利用価値を男性に求めなくて済む。そうなれば、恋愛における自由度が増す。
(略)
ブルゾンちえみ演じるようなキャリアウーマンが増えれば、経済的に不安のある若年男性にとって、女性からの「男性の経済的能力を値踏みする視線」から解放されることになる。

「ブルゾンちえみ」が気になる理由をまじめに考えてみた | GLOBIS 知見録

 つまり、ブルゾンちえみ氏の演じるような女性像は、男女双方にとって理想的なものであり、それゆえに受けたのだ、と。
 
 ううむ。
 
 思うに、女性が、一部の「意識高い系キャリアウーマン」を指して
「ああいう女ヤだよねえ」
 って笑ってる分には、差別にあたらないと思うのですよ。
 
 一方、男性が
「そうそう、キャリアウーマンってこういうおかしな連中ばっかりだよな」
 って笑ったら、それは差別になってしまう。
 
 では本作は、誰が誰をネタにしているのか?
 女性が一部のおかしな女性を笑う構図なのか?
 男性が働く女性一般を笑っている構図なのか?
 フェミニストの人たちはどう考えているのか?
 
 そのあたりを考えてずっと困惑しているのです。
 
 まあ、なにぶんフェミニズムにも様々な立場があるそうなので、これときまった答えはないのだと思いますが。
 それでも、フェミニストの立場からはあれはどのように解釈されるのかな、と、気になっています。
 
 ……余談ながら、このコントの存在を私に教えてくれたのは、自らも働く女性であるところの最愛の妻でですね。
「これ面白くない?」
 とスマホを見せてくれたものの、画面を凝視して硬直してしまった私を見てこれまた困惑、という。
 

魅力的であることと性的であること。

 なんか、キズナアイ周辺が一部で炎上してるようですけど……。
 
 キズナアイのデザインがどうか、といったら、そりゃまあ、あんなヘソの見える服でそこらをうろうろしないだろうな、とは思います。女の先生があの服で授業したら保護者大顰蹙でしょう。
 でも、「女性が時にはああいったファッションを選ぶ自由があっても良いのでは」という女性の意見があるのもわかる。
 そこへ「そういう服を着ているのは男を誘っているのと同じだ」とか言うべきではない。
 アイドルの衣装、と考えれば、ああいう服でテレビに出る人だっているし、それを魅力的だと考える人は女性にもいるでしょう。
 
 さて、そこへ、判断基準として「魅力的に見えるのは良いが性的に見えるデザインはNGなのだ」……と言うのは簡単です。
 でも、それって実際どこまで切り分けられるものなんでしょう、というのがこの記事の趣旨です。
 
 例えば人間は、(男女問わず)より左右対称に近い顔を「美形だ」と感じますが、一説にはそれは、体が左右対称に近いのは遺伝的な異常がないことを示すからだとか。
 言い換えると、「この人の顔はきれいだなあ」と思った時点で、潜在的には、相手を子孫を残すための相手として評価していることになる。
 きれいな顔、というのはもうそれだけで性的なのです。ある意味では。
 
 より直接的には、「男性は排卵期の女性をより魅力的だと感じる傾向にある」という研究もあります。(https://shigotonadeshiko.jp/157170
 その時期の女性は、瞳孔が広がり、肌のつやが良くなるんだとか。(同時に、その時期の女性は「美形」に……遺伝的な異常の少なそうな相手に引きつけられやすくなるのだとか)
 
 言い換えれば、綺麗な肌は「自分は元気な子どもを生めますよ」というサインを体が発しているとも言える。
 その肌を持ってる本人には全くその意図はないとしても。
 
 人間の美意識は、文化的な影響も大きいとはいえ、進化の過程で獲得してしまった本能も多分に含まれています。
 私たちの文明にとってはまったく不合理な話ですが、他人を美しいと思うこと、自分を美しく見せることを、性的な含意と切り離すことはおそらく不可能だと思うのです。
 
 そう感じるのがダメだ、左右対称の顔を、つやのある肌を美しいと感じるのは性的なまなざしであり差別だ……と言っても、それは人間には難しいことだと思います。
 逆に、「女性が肌の手入れをするのは男性に性的なアピールをするためだ」などと評するのも理不尽な話でしょう。
 そういう批判は、事実上、相手が人間という生き物であることを批判しているも同然になってしまう。
 
 キズナアイに話を戻すと、なるほどキズナアイは「魅力的」にデザインされているかも知れない。
 ヘソも腋も太ももも見えています。
 おまけに前髪以外は完全に左右対称の顔をしているし(ポリゴンモデルだから)、瞳孔は大きいし肌はシミひとつない(テクスチャだから)。
 つまり潜在的に「性的な」含意がある。
 
 しかしそれが許されない、と言い出してしまうと、究極的には、男も女も、二次元でも三次元でも、みんなブルカをかぶるべき、という話になるのではないでしょうか。
 あれなら無意識に性的なアピールをする怖れはほとんどなくなるから安全。
 
 でも、それが幸福な社会なのか、と言うと……どうなんでしょうね。
 
 繰り返しになりますが、「性的なものに魅力を感じるのは本能だから良いのだ!」などというつもりは全くありません(むしろ我々の本能はしょっちゅう我々に迷惑をかけていると思う)。
 しかしとにかく「人間はそういう不合理なものを抱えている」という事実を認めて、その不合理さにどう対処していくか、どう折り合いをつけるかを考えるべきなのであって、「不合理であること」自体を批判しても解決は不可能なのではないかな、と思います。
 
(余談)
 私は常々、「人間がミミズやカタツムリみたいに(あるいはナメック星人みたいに)雌雄同体の生き物だったら、どんなに話は簡単だったろう」と思ってきたんですけど。
 でも、ナメック星人社会であっても、「魅力的であることと性的な含意をどう切り離すか」という問題は残るのかも知れないですね……。

汎用人工知能と、特化型天然知能。

 最近読んだ本から、人工知能について知ったり考えたりした話。
 
働きたくないイタチと言葉がわかるロボット  人工知能から考える「人と言葉」
働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」
 
 人工知能に言語を学ばせるとはどういうことかについて、音声認識の技術から、言葉の「意味」の理解に関する技術までを概観した本。
 
「自分たちの代わりに働いてくれるロボットが欲しい」
 と考えたイタチ村のイタチたちが、開発の過程で様々な困難に直面し、トラブルを引き起こしていく……というストーリーと、ちょっと詳しいコラムが交互に出てくる、一般向けのやさしい本です。
 
 筆者も断っていますが、筆者の専門である言語理解の話が中心なので、それ以外の部分(ロボット工学的な問題とか)はざっくりしています。
 
 単語の意味をベクトルで表現する手法、なんて話はこの本で初めて知りました。
 
 この本を読んで「そうか、なるほど……」と思ったのは、
「複数の言語を教えると誤認識が増える」
 という話。
 
 古い笑い話があります。
 
 外国人観光客が、日本の農村を訪れて、畑の脇に積んである、収穫したばかりの里芋を検分していると、離れたところで作業していた農家の人が大声でこう言います。
「What time is it now !?」
 それで観光客は今何時か教えるのですが、どうも話がかみ合わない。
 
 というのも、本当は農家の人は「掘った芋いじったな!?」と言っていた……という。
 
 こういう誤認識は、もちろん音声言語だけの話ではありません。
 
 例えば、郵便番号を認識する機械なら、0〜9までの数字だけ知ってれば事足ります。
 汚い字で書かれた番号に、「これは2だろうか3だろうか?」と判断に悩むことはあるでしょうが、まあそれくらいのものでしょう。
 
 しかし、もし、この機械に、平仮名やアルファベットを教えてしまうと、
「これは0なのか? oなのか?」
「3なのか? ろなのか?」
 とか、無意味に迷うことが増えてしまいます。
 
 つまり、機械に教える言語を増やせば増やすほど、認識精度は下がっていく。
 そうしないためには、最初から「日本語しか知らない機械」「英語しか知らない機械」というように、特化させる必要がある……というのです。
 
 だから現状では、例えば
「英語でも中国語でもスワヒリ語でも聞き取って、日本語に翻訳してくれる機械」
 というのは現実的でない、と。
 
 ……で、ここからは完全に本の内容とは離れた想像になってしまうのですが、こういう問題は言語に限らないのであろうなあ、と。
 
 IBMのワトソンを各社の業務に利用するにあたっては、それぞれの業務に適合するよう特化させる必要があるのだそうです。
 医療関係なら医療だけ、金融関係なら金融だけ、というように。
 
 以前は、
「なんでそんな面倒なことをするんだろう? 色々な分野を一つの『ワトソン』に覚えさせて、医療にも金融にも法律にも天文学にも、あらゆる分野に詳しいAIを作ったらいいのに……」
 と思っていたのです。
 
 しかし、なるほど、複数分野を一つのワトソンに学習させると、精度が落ちてしまうのだろうな、と理解しました。
(まあ、学習に使った顧客の情報を外部に漏らさないため、ということもあるのかも知れませんが)
 
 自分としては、様々な学術分野に精通し、それらを組み合わせて新しい知見を生み出すことのできる超AI……というようなものに憧れるのですが、それはまだ先の話なのかも知れません。
 おそらく、いずれ人工知能が政策立案とかに携わるようになっても、
 
建設監督AI「産業政策AIからの通達で、今期のCNT割り当ては削減するって」
宇宙開発AI「はあ!? ただでさえ工期遅れてるのに!?」
建設「その代わり来期は割り当て増やすし、今期もSSTOは優先使用していいそうだ」
宇宙「あンの政治BOTども……! 宇宙開発ってのはタイミングが重要なんですよ! 適切な時期を逃したら、後からどんなに資材増やしても巻き返しがきかないんです! 医療用こそ後回しにしたらいいのに……!」
(この間0.02秒)
 
 とかなんとか、専門分野が違う「特化AI」同士が互いに相手の無理解を嘆くような状況が続くのかも知れない、などと妄想しました。
 
 ……それにしても。
「AIがブームだけれど、それは特化型の人工知能に過ぎず、真のAI……汎用人工知能にはほど遠い」
 なんてよく言われますが、ではそもそも人工「でない」知能、我々自身の知能はどの程度「汎用」なんでしょう。
 
 私たちの中には、日本語を解する人も、英語や中国語、スワヒリ語、フランス語、ブルンゲ語、タイ語、その他もろもろの言語を話す人がおり、中には2つ、3つ、あるいはもっと多くの言語を解する人もいます。
 しかし、それら「全て」を理解している人はおそらくいません。
 
 私たちが日常生活で安定して会話できるのは、要するに、私たちが乏しい数の言語しか知らないからです。
 2つの言語が混在する状況では
「掘った芋いじったな!?」
 が誤って認識されかねないように、もし人々が全ての言語を理解してしまったら、おそらく人類はバベルの塔以来の大変な混乱に陥るのではないでしょうか。
 幸か不幸か、それを実験することは不可能ですが。
 
 同様に、私たち個々人は、それぞれ乏しい分野の知識しか持っていません。
 群盲象を評すの喩えがあるように、人類の知識全体という「象」に対して、私たち一人一人は汎用でもなんでもない、全くの「特化型知能」のように思えます。
 
 まあ、だからと言って、ワトソンが人間と同等の汎用性を持っているか、と言えば全然そうじゃないわけですけれども。
 とはいえ、
「今のAIは汎用知能じゃないから人類は安泰!」
 などと威張っていていいのかな、と思います。
 
 ただ単に人類に優越するだけなら、AIにとって汎用性なんてそれほど必要ないのかも知れません。